ドライバー【スクリュードライバー】

スポンサーリンク
電気
この記事は約2分で読めます。

ドライバーといえば、大変馴染みのある工具だと思います。
用途に応じて様々な種類があるので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

電工ドライバー


一般的なドライバーだと思います。
グリップ部分は形状や材質が様々で滑りにくくなっていたり、
高所作業で落下防止用のストラップ穴がついているものがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マーベル(MARVEL) 落下防止プラスドライバー スピドラ MDX-2-100
価格:713円(税込、送料別) (2019/3/25時点)


このドライバーはグリップの頂点が回転キャップになっているので
押し込みながらの回し作業がスピーディーに行えます。

スポンサーリンク

貫通ドライバー


貫通ドライバーは先端からグリップ端まで軸が貫通しているドライバーです。
グリップ端をハンマーで叩いて固着したネジ山に衝撃を与えて、
緩めたり、ナメた溝を修正することができます。
ただ金属部分がグリップ部分に露出しているので感電の危険せいがある、
電気関係の作業には使用してはいけません。

スポンサーリンク

ショックドライバー


ショックドライバーもグリップ端をハンマーで叩いた衝撃で固着したビスを
緩める工具です。ショックドライバーは叩くと同時に先端のビットが少し回る
機能があるので、衝撃を与えながら回すトルクをかけることができます。

スポンサーリンク

スタッピー


スタッピードライバーはグリップ部分が非常に小さく作られていて、
狭小部分の作業に役立ちます。

スポンサーリンク

ネジザウルス


ネジ頭をつぶしてしまったり、なめてしまった状況で使用します。
先端の特殊な形状によりがっしりビス頭を掴んでまわします。

コメント