油圧装置の構成要素

スポンサーリンク
油圧回路
この記事は約2分で読めます。

油圧装置は油圧源、制御装置、アクチュエーターの三つの要素で構成されています。

スポンサーリンク

油圧源

油圧機器を動かすためのエネルギー源です。

油圧ポンプによって作動油タンクから吸上げられて吐出された作動油は高圧の流体エネルギーを持ちます。

油圧ポンプはモーターにカップリングで接続され機械的な回転力を与えられて駆動します。

スポンサーリンク

制御装置

制御装置は油圧回路の切り替えや圧力制御を行います。

油圧回路の切り替えによりアクチュエーターの動作の始動・停止・方向切換
流量の調整によって動作速度の調整を行います。

大別すると圧力制御弁・流量制御弁・方向切換弁があります。

スポンサーリンク

アクチュエーター

アクチュエーターは高圧のエネルギーを運動エネルギーに変換して利用する機器です。

直線運動をする油圧シリンダーと回転運動をする油圧モーターに大別できます。

スポンサーリンク

油圧装置のメリット

  • 流量調整によって速度調整が比較的簡単
  • 圧力調整によって動作の力を加減できる
  • 電気制御と組み合わせることで動作・方向制御ができる
  • 小さい力で大きな力を得られる
  • 直線運動・回転運動どちらにも変換できる
スポンサーリンク

油圧機器のデメリット

  • 油圧経路、アクチュエーターからの油漏れの恐れ
  • 作動油の適正な管理が必要

高圧の流体を利用しているのでホースの小さな穴からでも多量の油が吹き出す
ことになります。
シリンダーのシールも使用に伴い劣化していくので油漏れの原因になります。

コメント