生物化学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand)

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

水中の有機物質を分解するのに必要な酸素量を表したものがBODです。

水中の有機物の量を表す指標として使われます。

スポンサーリンク

生物化学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand)

好気性微生物(酸素を必要とする微生物)が水中の有機物を酸化・分解するときに
酸素が必要です。

生物科学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand:BOD)は微生物が酸化・分解するときに
水1リットルあたり何mgの酸素が必要かを数字で表したものです。

汚染物質が多ければ酸素の消費量が増加するのでBODの値は大きくなります。

スポンサーリンク

酸化と分解

有機汚染物質は微生物の活動のエネルギーとして利用(酸化)されて、炭酸ガスと水に
酸化・分解されます。

スポンサーリンク

BOD値の影響

BODが大きいとDO(溶存酸素)が不足します。

河川のDOは8mg/ℓ以下である為、BODが10mg/ℓ以上になると酸素の消費量が溶存量を
上回ってしまうので溶存酸素が消費されつくしてしまいます。

魚類が必要な酸素がなくなる、好気性微生物の活動が低下し悪臭が発生するなどの影響が
現れます。

 

 

コメント