電力(ワット)の求め方

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

W(ワット)は電力の大きさを表す単位です。

電力は電気がする仕事の大きさとも言えます。

電力を求める計算式は

W=V×I 

12Vで4Aが流れたときに回路内の抵抗(3Ω)で消費される電力は、48Wということになります。

電圧あるいは電流が大きいほど、電気が行う仕事が大きくなります。

オームの法則を用いて計算式を変形することもできます。

V=I×R ←これを電力の式に代入します。

W=(I×R)×I=I^2×R 

※I^2はI×IでIの二乗の意味です。

計算問題でよく使用されます。

A=V/Rを代入すると

W=V^2/R

電流や電圧がすぐに求められない場合などで変形した式を、

使うと計算が早くわかりやすくなることがあります。

上の参考回路でも変形式でも同じ電力が求められます。

コメント