第二種電気工事士の取得を目指す方へ【電気の資格】

スポンサーリンク
電気
この記事は約4分で読めます。

学べは仕事の不安を自信に変えられます。技術者の第一歩は第二種電気工事士がオススメです。

学んで知識を蓄えてオンリーワンになりましょう。

 

電気工事士の資格は電気関係の資格の中でも基本的な内容を
問われる問題が多く、電気関係の足掛かりにはぴったりの資格です。
現在は雇用体系が見直される状況が続いています。
もちろん自分の実力が一番大事ですが資格というわかりやすいものさしがあれば
周囲と自分との違いをアピールしやすくなります。
早く取得できればそれだけ有利になることは間違いありません。


この資格は筆記試験と実技試験があり、取得が少し難しいイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、ポイントを押さえながら勉強すれば十分に合格することができる資格だと思います。

また電気工事士の勉強をしていくと自然と電気の見方が変化してきます。
資格を取れば現場ですぐに仕事に結びつくわけでは有りませんが電気の基本的な計算や考え方はきっと役に立つ場面があります。

電気工事士の資格をもっていないと施工できない工事があるので自分の価値を高めるにはとても有効な資格です。

スポンサーリンク

受験資格

第二種電気工事士の受験資格には特定の学歴や職歴は必要ありません。どなたでも受験ができます。

スポンサーリンク

合格率

第二種電気工事士ではまず学科試験に合格する必要があります。
学科試験はここ数年の申込者がおよそ12~14万前後になっており合格率は60%前後になっています。10人に6人が合格するようなイメージになります。

学科試験に合格すると技能試験となりますが、
技能試験はおよそ8~10万人の受験者数になっています。
こちらの合格率は70%前後になっています。

学科試験で60%、技能試験は70%の合格率なので、
単純に合わせて合格率を考えると40%ぐらいになります。

スポンサーリンク

勉強方法

社会人の多くはなかなか勉強の時間をさけない方も多くいらっしゃると思います。
僕の場合は仕事をしながら勉強を続けていましたが、勉強時間が十分に取れずに
モチベーションが下がってしまいました。

自分で言い訳をつけて取得に二年がかかりました。
今思えばなんでそんなに時間がかかることがあったんだと思います。

参考書なども多く書店に並んでいて独学でも十分に合格は可能ですが
わかりにくい部分や苦手な部分もあるとおもいます。

僕はこのシリーズのテキストも購入して使っていました。

 


翔泳社アカデミーの講座で使用されるテキストは
要点がまとめられていて、ページも非常に見やすく構成されています。


いままで電気の勉強なんてしたこともない、基本も全く分からない、転職の為に資格を取りたいなど、会社や同僚に内緒で資格の勉強をしている方などは、周囲に勉強を聞けない方も多くいるとおもいます。
そういった方には講義解説DVDが非常に役に立つと思います。テキストと連動しているので理解がとてもしやすいです。
またネット環境があればスマホでもパソコンでも
勉強できるので、隙間時間を有効に使って勉強できます。

スポンサーリンク

資格を取得して

資格を取得する理由は様々で、
会社に命じられたり、転職に有利な資格を取りたいなど
それぞれな事情があると思います。

私の場合は、未経験で電気業界に入ったので、右も左も
分からない初心者でした。先輩にもいろいろ怒られて、
悔しい日々を過ごした時期もありました。
そんな初心者にピッタリだったのが受験資格が必要ない第二種電気工事士でした。

先輩たちを見返そうと必死に勉強して
無事に合格することができました。できるだけ短期間で合格したかったのでもちろん翔泳社の講座を利用しました。

第二種電気工事士レベルの知識が身につくとそこから一気に
電気に関する視野が広がることが実感できます。
そこから派生してどんどん新しい知識を吸収することができたのが素晴らしい収穫でした。
この感覚をたくさんの方に体験してもらいたいので、
ぜひ第二種電気工事士の受験をお勧めしたいです。

 

コメント